時の鐘お気に入り登録

時の鐘
カテゴリー:せせらぎ/歴史
所在地 三島市広小路町12-3
問合せ
価格
利用可能
時間
定休日
駐車場
HP

備考

詳細説明

三石神社の境内にある鐘は、「時の鐘」と言われ、江戸時代から旅人や三島の人に親しまれてきました。最初は寛永年間(1624~1643)に鋳造(ちゅうぞう)され、その後何回か改鋳されました。特に大きな鐘が宝暦11年(1761)に川原ヶ谷の鋳物師(いものし)沼上忠左衛門祐重(すけしげ)によって造られ、三石神社境内に設置され三島八景の1つにも数えられていました。

 三島宿の人たちはこの鐘の音で時を知りました。しかし第2次世界大戦時にこの鐘も軍戦用に供出され、現在の鐘は昭和25年(1950)に市民の有志によって造られたものです。「時の鐘」の存在は、当時の三島のにぎわいを示すもので、最近では、管理人により毎日夕方6時に鳴らされ昔をしのばせています。5分前に来れば、誰でも打たせてもらえます。また、大晦日(おおみそか)には除夜祭が行われ、申し込みをして、整理券の交付を受けた人のみ打つことができます。除夜祭の受け付けは、12月31日午後10時半ごろです。

出典  『三島市誌 下巻』p.556、『田方神社誌』p.39、『Welcome to ふじのくに 三島』p.71

主なイベント

地図

このページの観光地に行きたいと思ったらお気に入り登録 ボタンをクリックしてオリジナル観光ルートを作ろう!

この観光地を目的地に加えてオリジナル観光ルートをつくるためにはお気に入り登録ボタンをクリックし目的地候補に加え以下の「かんたん!マイルート」ページへ。

Page Top