「歴史」で検索

山中城跡公園

山中城跡公園

歴史/文化・芸術/自然・季節/花・紅葉

緑豊かな史跡公園で、特徴的な 堀である「障子堀」、「畝堀」が美しい山城跡です。 山中城は、永禄年間(1560年代)小田原城を守る城として、後北条氏により創築され、天正18年(1590年)、天下統一を目指す豊臣秀吉の大軍の前に、わずか半日で落城したと言われる悲劇の城です。 石を使わない土だけの山城は全国的にも珍し...

詳細を見る
三嶋大社

三嶋大社

歴史/自然・季節/文化・芸術/花・紅葉

伊豆国の一ノ宮。 源頼朝が挙兵に際し、祈願をよせ、緒戦に勝利したことでも有名です。 春には、参道に200本を越える桜が咲き乱れます。 夏には、8月15・16・17日に三島市最大のイベント三島夏まつりが行われます。 秋には、樹齢1,200年を超える金木犀が黄色い花を咲かせ、甘い香りを漂わせます。 お正月には...

詳細を見る
楽寿園

楽寿園

歴史/自然・季節/文化・芸術/せせらぎ/花・紅葉

楽寿園はJR三島駅のすぐ南に位置し、うっそうとした森に囲まれた広さ約75,474平方メートルの自然豊かな公園です。 ここは、明治維新で活躍された小松宮彰仁親王が明治23年に別邸として造営されたもので、昭和27年より市立公園として三島市が管理運営しています。 近年湧水は減少し、園内の小浜池は枯渇期が長く、ほ...

詳細を見る

龍沢寺

龍沢寺

歴史/文化・芸術

白隠禅師の開基。杉林に囲まれた静寂の地にあり、禅宗の道場として有名。 紅葉の時期、ツツジの時期の庭園は一段と美しさを増します。  また、毎年11月23日は観楓祭が行われます。この日は、1年に1度の一般公開の日で、掛軸などの貯蔵品の虫干をします。

詳細を見る
三嶋暦師の館

三嶋暦師の館

歴史/文化・芸術

仮名文字で刷られた暦として日本で一番古いといわれている、文字模様が美しい「三嶋暦」を紹介する小さな博物館です。 古くは、木版刷りの品質の良さ、細字の文字模様がたいへん美しいことなどからも旅のみやげやお歳暮などとして人気がありました。 太陰暦の仕組みや全国各地の暦についての展示もあります。 三嶋暦印刷体験や...

詳細を見る
玉澤妙法華寺

玉澤妙法華寺

歴史/文化・芸術/花・紅葉

日蓮宗の本山で日昭上人により創建された寺で、春は桜、秋は紅葉の名所として有名です。  日蓮宗の本山で日昭上人により創建されました。 重要文化財の絹本著色絵曼荼羅、日蓮上人像があり、庭園は四季折々の自然が楽しめます。

詳細を見る

箱根旧街道石畳

箱根旧街道石畳

歴史/文化・芸術

江戸幕府が延宝8(1680)年に、整備した石敷きの道。  箱根旧街道は、三島宿から箱根峠を登り、小田原宿まで下る八里(約32km)の坂道です。  この坂道は“箱根の山は天下の険”と歌にも歌われたように、東海道第一の難所といわれ、このうち、三島宿から箱根峠を越え、箱根の関所までの区間を西坂ともいいます。  江戸幕...

詳細を見る
時の鐘

時の鐘

せせらぎ/歴史

三石神社の境内にある鐘は、「時の鐘」と言われ、江戸時代から旅人や三島の人に親しまれてきました。最初は寛永年間(1624~1643)に鋳造(ちゅうぞう)され、その後何回か改鋳されました。特に大きな鐘が宝暦11年(1761)に川原ヶ谷の鋳物師(いものし)沼上忠左衛門祐重(すけしげ)によって造られ、三石神社境内に設置され三島...

詳細を見る
祐泉寺

祐泉寺

歴史/文化・芸術/せせらぎ

この寺は奈良時代の初めに建立された大寺院で代用国分尼寺となった大興寺(だいこうじ)の伽藍跡(がらんあと)に、その一部を境内として後世建てられたものです。寺伝によると、臨済宗大徳寺派(りんざいしゅうだいとくじは)の寺で梅隠宗香禅師(ばいいんそうこうぜんじ)により、永禄11年(1568)に開山されました。  本堂正面右側に...

詳細を見る

祓所神社

祓所神社

歴史/文化・芸術

この神社は浦島神社とも呼ばれ、旧三島宿裏町(浦町・現、大宮町)の氏神として祀られてきました。毎年6月30日と12月31日を祭日とし、禍(わざわい)から守られるよう大祓式(おおばらいしき)を行います。この地域は大昔、清水が湧き出し神社は島の中にあったと言われています。地元の人はこの池を「はらいど」と呼び、三嶋大社の祭事に...

詳細を見る
三石神社

三石神社

歴史/花・紅葉

この神社には豊受姫大神(とようけひめのおおみかみ)が祀られていて、大中島町の氏神(うじがみ)です。昔、源兵衛川の川沿いに三石(みついし)という巨石があり、その上に社殿を建て稲荷社を祀り、三石神社となりました。古記によれば天明年間(1781~1789)に、隣村の新宿(しんしゅく)の出火で大中島町(現、本町)や三島宿の大半...

詳細を見る
言成地蔵

言成地蔵

歴史/文化・芸術

尾州藩浪士、尾張屋源内の娘、小菊を祀った地蔵。 貞享4年(1687)年、明石の城主松平若狭守直明の行列が三嶋宿を通りかかったとき、6歳の娘小菊は道の反対側にいた母親の元に行くため行列を横切ってしまいました。小菊は捕らえられて本陣に引かれていき、本陣の庭先でお手打ちにされることになりました。その折、幼い小菊は手を合わせ、...

詳細を見る


1 2 Next
Page Top