「冬」で検索

山中城跡公園

山中城跡公園

歴史/文化・芸術/自然・季節/花・紅葉

緑豊かな史跡公園で、特徴的な 堀である「障子堀」、「畝堀」が美しい山城跡です。 山中城は、永禄年間(1560年代)小田原城を守る城として、後北条氏により創築され、天正18年(1590年)、天下統一を目指す豊臣秀吉の大軍の前に、わずか半日で落城したと言われる悲劇の城です。 石を使わない土だけの山城は全国的にも珍し...

詳細を見る
三嶋大社

三嶋大社

歴史/自然・季節/文化・芸術/花・紅葉

伊豆国の一ノ宮。 源頼朝が挙兵に際し、祈願をよせ、緒戦に勝利したことでも有名です。 春には、参道に200本を越える桜が咲き乱れます。 夏には、8月15・16・17日に三島市最大のイベント三島夏まつりが行われます。 秋には、樹齢1,200年を超える金木犀が黄色い花を咲かせ、甘い香りを漂わせます。 お正月には...

詳細を見る
源兵衛川(せせらぎ散歩)

源兵衛川(せせらぎ散歩)

せせらぎ/自然・季節/花・紅葉

「水の都・三島」らしさを感じられるスポットとして人気。 富士山の伏流水が湧き出る楽寿園内小浜池を水源とする源兵衛川は、三島駅から徒歩5分にありながら、初夏の夜にはホタルが舞う美しい流れです。 川の中には、飛び石などが配置され、湧水を全身で感じながら「せせらぎ散歩」を楽しむことが出来ます。 広瀬橋付近に...

詳細を見る

楽寿園

楽寿園

歴史/自然・季節/文化・芸術/せせらぎ/花・紅葉

楽寿園はJR三島駅のすぐ南に位置し、うっそうとした森に囲まれた広さ約75,474平方メートルの自然豊かな公園です。 ここは、明治維新で活躍された小松宮彰仁親王が明治23年に別邸として造営されたもので、昭和27年より市立公園として三島市が管理運営しています。 近年湧水は減少し、園内の小浜池は枯渇期が長く、ほ...

詳細を見る
三嶋暦師の館

三嶋暦師の館

歴史/文化・芸術

仮名文字で刷られた暦として日本で一番古いといわれている、文字模様が美しい「三嶋暦」を紹介する小さな博物館です。 古くは、木版刷りの品質の良さ、細字の文字模様がたいへん美しいことなどからも旅のみやげやお歳暮などとして人気がありました。 太陰暦の仕組みや全国各地の暦についての展示もあります。 三嶋暦印刷体験や...

詳細を見る
玉澤妙法華寺

玉澤妙法華寺

歴史/文化・芸術/花・紅葉

日蓮宗の本山で日昭上人により創建された寺で、春は桜、秋は紅葉の名所として有名です。  日蓮宗の本山で日昭上人により創建されました。 重要文化財の絹本著色絵曼荼羅、日蓮上人像があり、庭園は四季折々の自然が楽しめます。

詳細を見る

イチョウ並木

イチョウ並木

自然・季節

大正時代に植樹されたイチョウ並木で、県道沿いの600mに渡って、約9m間隔で117本のイチョウが植えられています。教育・文化施設が立ち並ぶこの地区のシンボルとなっており、平成23年3月30日付けで三島市の景観重要樹木に指定しています。第4回静岡県景観賞最優秀賞受賞。

詳細を見る
水の苑緑地

水の苑緑地

せせらぎ

源兵衛川の中流にある親水公園です。公園内には数箇所の湧水ポイントがあります。小さな池もあり、カワセミが見られることもあります。また、5~6月頃にはホタルも見られます。

詳細を見る
隆泉苑(佐野美術館庭園)

隆泉苑(佐野美術館庭園)

せせらぎ/文化・芸術/花・紅葉

隆泉苑は三島市を流れる清流三筋の一つ、御殿川の流域にあります。 湧水の流れを取り込んだ約二千坪の敷地には、自然の趣を活かした回遊式庭園と、吟味された材料で建築された日本家屋が配されています。 この屋敷は、昭和10年に佐野隆一翁によって造られたもので、昭和52年に翁が他界され、遺族により佐野美術館に寄贈されました。そ...

詳細を見る

佐野美術館

佐野美術館

文化・芸術

佐野美術館は1966年に佐野隆一氏の寄付により開館しました。敷地内には隆泉苑と呼ばれる庭園があります。昭和の初めの頃創られた回遊式庭園で、湧水が四季変らず池を満たしています。  美術館は隆泉苑の南の一角にあります。ここには日本刀・陶磁器・青銅器・金銅仏・古鏡・能面・絵画・書など幅広い分野の美術品が収蔵されています。

詳細を見る
鎌倉古道

鎌倉古道

せせらぎ

源頼朝が鎌倉幕府を開いた際、鎌倉街道の1つとして整備され、東西の交通の要となった道です。市街地では、三嶋大社の西側の祓所神社から西に延びる道路が鎌倉古道にあたります。

詳細を見る
三石神社

三石神社

歴史/花・紅葉

この神社には豊受姫大神(とようけひめのおおみかみ)が祀られていて、大中島町の氏神(うじがみ)です。昔、源兵衛川の川沿いに三石(みついし)という巨石があり、その上に社殿を建て稲荷社を祀り、三石神社となりました。古記によれば天明年間(1781~1789)に、隣村の新宿(しんしゅく)の出火で大中島町(現、本町)や三島宿の大半...

詳細を見る


1
Page Top