お気に入り アクセス Language

イベント
更新日:
佐野美術館「光ミュージアム所蔵 美を競う 肉筆浮世絵の世界」

開催
令和元年9月7日(土)~10月27日(日)

「北斎」「広重」「国芳」「英泉」ら、すべて浮世絵師直筆の一点物

日本独自の芸術として開花した浮世絵は、多色摺木版画の錦絵が広く知られていますが、肉筆浮世絵(にくひつうきよえ)は絵師が直接筆をとって、絹や紙に描いたものです。美人画が多く、切れ長の瞳、繊細な髪すじ、華やかな衣装の文様などに、絵師の確かな技と丹念な彩色を見ることができます。

光ミュージアム(岐阜県高山市)が所蔵する肉筆浮世絵は、約420点からなる一大コレクションです。江戸で人気の浮世絵師をはじめ、京都や大坂などの上方で活躍した絵師や、現存作の少ない絵師の作品も含まれており、これまで大規模に公開される機会はありませんでした。
このたび、膨大なコレクションから厳選した111点を初めて一挙公開し、江戸時代中期(17世紀)から明治時代(19世紀)に至る浮世絵の流れを概観いたします。この機会に是非ご覧下さい。

※会期中一部展示替えがあります(前期:9月7日~10月2日、後期:10月4日~27日)

関連イベント

Information
場所
佐野美術館
入館料
一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日は小中学生無料
※9月16日(月・祝)敬老の日は65歳以上無料
※15名以上の団体は各2割引
※本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の入館料2割引
開館時間
10:00~17:00(入館の受付は16:30まで)
休館日
木曜日
Writer
この記事を書いた人
三島市観光Web編集部
三島市観光協会の事務局スタッフ。三島市のみどころや魅力を日々発信しています。