重要なお知らせお気に入り 旅行会社の方へ Language

イベント
更新日:
三嶋大社「お田打ち神事」

五穀豊穣・天下泰平を祈る「お田打ち神事」

田祭

静岡県無形文化財に指定されている伝統芸能「お田打ち神事」の起源は古く、平安時代ともされ、室町時代には狂言形式の芸能として調えられたといわれています。

白い面をつけた舅の「穗長(ほなが)」と、黒い面をつけた婿の「福太郎(ふくたろう)」が、稲作行事を狂言風に演じ、その年の五穀豊穣や天下泰平を祈る神事です。

お田打ち神事に続いて、紅白の小餅や種もみがまかれ、これらと共に福を授かろうと、大勢の参拝客で賑わいます。

三嶋大社のお土産はコレ!

イメージ画像

このお田打ち神事に登場する「福太郎」は、三嶋大社名物の縁起餅(こし餡でくるんだ草餅)の名前にもなっています。境内の茶屋「福太郎本舗」や、JR三島駅の売店などで販売しています。

 

Information
開催日時
1月7日
場所
三嶋大社・舞殿
Writer
この記事を書いた人
三島市観光Web編集部
三島市観光協会の事務局スタッフ。三島市のみどころや魅力を日々発信しています。