• HOME
  • > TOPICS
  • > 祝!ユネスコ世界ジオパーク

祝!ユネスコ世界ジオパーク

ロゴ2018年4月17日(火)、伊豆半島がユネスコの世界ジオパークに認定されました。


ユネスコの正式事業になってからは、国内初の認定であり、国内では9番目のユネスコ世界ジオパークとなります。


これを記念して、三島市では、「祝!ユネスコ世界ジオパーク 三島ジオツアー(仮)」をゴールデンウィークに合わせ開催いたします。身近にあるジオの恵みを感じていただけるツアーです。(詳細はコチラから。)


ところで、ジオパークとは・・・


 ジオパークは、地球の歴史を楽しく学ぶことができる野外博物館です。


地形、地層だけでなく、その恵みを受けて生活する人々の生活や歴史、食べ物などもジオパークに含まれます。


三島市エリアのジオポイント


三島市の魅力である「湧水」・「歴史・文化」・「自然・花」・「食」などは、ジオの恵み・影響を受け育まれたものです


楽寿園・源兵衛川


楽寿園約一万年前の富士山の噴火で流れ出た溶岩は、箱根山と愛鷹山の谷を流れ下り、現在の三島駅周辺を始め、伊豆半島北部の大地を作り出しました。


楽寿園内には、三島溶岩があちこちに露出し、遠く富士山から流れてきた溶岩の荒々しい姿をまのあたりにすることができます。溶岩の表面にできた「縄状溶岩」や「溶岩塚」、それら溶岩の上にたくましく育つ木々も見どころです。


楽寿園内に湧き出した水は、蓮沼川(宮さんの川)と源兵衛川の2つの灌漑水路から流れ出し、三島や清水町の農業用水としても用いられています。三島の市街地を流れる源兵衛川には遊歩道も整備され、訪れる人々の憩いの場になっています。冷たい源兵衛川の水は1.5kmほどの距離を流れ、中郷温水池で温められた後に農業用水として分配されていきます。


三嶋大社


大社伊豆国一宮の三嶋大社は、大山祇命(よみ:おおやまつみのみこと/林業・農業など殖産の神、衣食住の守護神)、積羽八重事代主神(よみ:つみはやえことしろぬしのかみ/漁業航海の神、福徳・商売繁昌の神)の御二柱を奉っています。


古くより三島の地に鎮座し、富士火山根元の神、伊豆国魂の神、国土開発経営の神として信仰されました。


伊豆半島は、奈良・平安朝時代にかけ火山活動が盛んであったこともあり、その活動を鎮めるために朝野より高い信仰を集めた。


菰池・白滝公園


約1万年前の富士山の噴火で流れ出した三島溶岩のすき間を流れてきた地下水は、溶岩流の末端にあたる菰(こも)池や白滝公園など、三島市街地のあちこちでわき出し、源兵衛川や桜川といった小川の多い独特な街並みの景観と文化を築いてきました。


白滝公園では、溶岩の表面にできた小さな地形や、溶岩のすき間から流れ出す湧水の様子を観察することができます(冬季は水位が下がっているため湧水量は少なくなっています)。


塚原周辺(箱根西麓)


箱根西麓箱根山の南西麓は、伊豆と本州の衝突以降に生じた富士山や箱根山の噴出物に覆われており、伊豆と新しい火山の境界部に位置します。


このエリアは、水はけのよい土地であることから根菜類を中心とした畑作が盛んで、馬鈴薯(じゃがいも)・甘藷(サツマイモ)・人参・大根など高品質な野菜の産地となっています。


 


 ちなみに・・・


うなぎ三島市の名物である「三島うなぎ」も、富士山の湧水でさらすことで美味しくなるジオの恵みを受けた特産品です。


伊豆半島ジオツアーの際は欠かせない逸品です。


伊豆のジオの魅力を「観て」「触れて」「学んで」「食べて」五感で体感ください

このページのトップへ

HOMEへ
TOPICS
三島市観光協会 事務所
  • 〒411-0036
    静岡県三島市一番町2-29
    三島商工会議所 会館4階
  • TEL:055-971-5000
  • FAX:055-971-8882
  • お問い合せ:
    info@mishima-kankou.com
案内所
  • 〒411-0036
    静岡県三島市一番町16-1
  • TEL:055-946-6900
  • FAX:055-946-6908