重要なお知らせお気に入り 旅行会社の方へ Language

スポット
更新日:
楽寿園

三島駅前にある緑の森に囲まれた公園

楽寿園は、三島駅のすぐ南に位置する広さ約75,474平方メートルの市立公園。
明治維新で活躍された小松宮彰仁親王が明治23年に別邸として造営されたのがはじまりです。
園内では、約1万年前の富士山の噴火の際流れ出た溶岩(三島溶岩流)の上に実生した樹木や、野鳥を観察することができます。
歴史については、楽寿園の歴史をご覧ください。
自然については、楽寿園の自然をご覧ください。

国の天然記念物及び名勝

小浜池やせりの背などの天然池泉と周囲の自然林からなる庭園は、国の天然記念物及び名勝に指定されています。
小浜池は、溶岩に間からの湧水で毎日水位が変化し、近年湧水は減少傾向にあります。
渇水時の見どころは、約1万年前の富士山の噴火の際流れ出た溶岩(三島溶岩流)が広がる様子です。
渇水期が長いですが、数年に1度満水となります。
現在の様子は、小浜池の水位をご覧ください。
写真は満水時の様子です。

楽寿館

楽寿館は明治23年、小松宮彰仁親王の別邸として建てられました建物です。
江戸時代に完成した数奇屋造りの様式を備え、京風建築のすぐれた手法を現在に伝える明治期の代表的な建造物であり、庭園と一体化するように構成されています。
館内には帝室技芸員(現在の人間国宝にあたる)をはじめ、明治時代を代表する日本画家たちによる210面に及ぶ襖絵・杉板戸絵・天井画等が施されており、これらは、静岡県指定の文化財となっています。

1日6回一般公開されています。
詳しくは、楽寿館をご覧ください。

どうぶつ、のりもの、SLも!

どうぶつ広場

レッサーパンダ、アルパカ、カピバラ、プレーリードッグなどがいます。
ウサギやモルモットと触れ合える「どうぶつふれあい広場」やポニー乗馬体験などもあります。

のりもの広場

レトロでかわいいメリーゴーランド、豆汽車や、コイン遊具があります。
大人も童心に帰って楽しめます!

詳しくは、楽寿園ホームページをご覧ください。

【動画】2020年「楽寿園」小浜池が過去最高の水位を記録しました

Information
所在地
三島市一番町19-3
時間
4月~10月:9:00~17:00
11月~3月:9:00~16:30
※入園は閉館時間の30分前まで
休園日
月曜日(祝日の場合は翌日)、12月27日~1月2日
駐車場
2時間まで200円、以後30分毎に50円(満車82台)
大型バスは要予約
料金
個人300円(30名以上で団体料金270円)

※下記の方は無料
15歳未満の方
学生証を提示された学生の方
三島市内在住の70歳以上の方(市内在住と年齢を証明するものをご提示ください)
障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方とその付添者1名(窓口にて手帳をご提示ください)
事前に減免申請をした特別支援学校、介護福祉施設のグループ入園等
アクセス
三島駅南口より徒歩3分
問合せ
楽寿園 055-975-2570、FAX 055-975-8555
Writer
この記事を書いた人
三島市観光Web編集部
三島市観光協会の事務局スタッフ。三島市のみどころや魅力を日々発信しています。